ビタミンの優れた効果や不足の理由

ビタミンBの効果ビタミン
●疲労回復効果
ビタミンB1は、炭水化物 (糖質)の代謝過程で不可欠なな酵素の効果を助ける補酵素となって作用します。

炭水化物 (糖質)は体内で消化されてブドウ糖に分解され、エネルギー物質の材料となります。ビタミンB1からつくられる補酵素は、ブドウ糖から段階を経てエネルギーに変わる時に必要なため、ビタミンB1がないとエネルギーを十分につくり出すことができません。その上、ブドウ糖をエネルギーに変える途中でつくられる、ピルビン酸や乳酸という疲労物質が体内に溜まり疲れやすくなります。そして、エネルギーが足りなくなるためエネルギーを必要とする臓器で障害が起こります。

●成長を促進する効果
ビタミンBは成長を促す効き目があります。三大栄養素である炭水化物(糖質)、たんぱく質、脂質は、体内で消化・分解され、吸収されてエネルギーに変化します。ビタミンB2は、特に脂質の代謝において、エネルギーをつくり出す時に必要な補酵素として非常に重要な働きをしています。

ビタミンB2は、小腸で吸収され、血液によって肝臓・心臓・腎臓などに運ばれた後、たんぱく質と結びついた形のFMN (フラビンモノヌクレオチド)・FAD (フラビンアデニンジヌクレオチド)に変換されます。そしてさらに、水素を受け取ってFMNH2とFADH2になることにより補酵素として働きます。エネルギーを消費する程、この補酵素が使われるため、ビタミンB2の必要量も多くなります。

ビタミンB群が不足する理由
ビタミンB群は最近で不足しやすい栄養素のひとつと思われます。その理由としては以下のような点が考えられます。

1. 食品の変化
食品の精製・加工・保存によってビタミンB群が減っている。

2. ビタミンB群の消費量が増えている
精製された白い食べ物、ストレス、過度のアルコール摂取、妊娠、授乳、加齢、過食等でビタミンB群消費量が増えます。

3. 抗生物質の長期服用
ビタミンB群は腸内の細菌がつくってくれますが、抗生物質を長い期間飲んでいる人は、腸内の細菌バランスが乱れ、ビタミンB6等の合成量が少なくなります。

ビタミンBの重要性
50 歳以上のたくさんの中高年は胃腸炎などで胃酸分泌量が減り、 食品中にあるたんぱく質と結合したビタミンB12の吸収率が減少します。また、ビタミンB12欠乏状態の高齢者に、遊離型ビタミンB12強化食品やビタミンB12を含むサプリメントを数か月間摂取させると、 ビタミンB12の栄養状態が改善されることが報告されています。

そのため、加齢に伴う体内ビタミンB12貯蔵量の減少に備えるためには、 若年成人からビタミン B12を6~10 μg/日程度摂取することで、 体内ビタミン B12 貯蔵量を増大させ、高濃度に維持させておくことが必要であるとされています。

★世界シェアNO1のED治療薬で持続効果は36時間
シアリス通販など豊富な情報

★即効性が高く食事の影響を受け難いED治療薬
レビトラ販売